引越し代を抑えるには

引越しには何かとお金がかかり、それ故に抑えることができるところには多少の手間をかけることになっても、安く済ませたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。単身引越しの場合、家族での移動と比べ荷物の量が人数分少なくなるだけでなく、使う電化製品も一人分ならば小さくなり全体的に小さな荷物で移動することができます。更に一人であるからこその時間の余裕があるために、活用できるプランがあります。

引越し引っ越し作業を行う時、なるべくなら朝早くから行い荷物を早く片付けてしまいたいのが人情です。しかし、引越しを業者で行う場合、大まかに「午前便」「午後便」「フリー便」の3つのプランが用意されています。近距離であれば午後便・フリー便の利用をすることにより、時間は前の便次第になってしまい、おおよその開始時間になってしまうこれらは、その分を安く見積もりを行っているため割安で行う事ができます。

しかし、午後便・フリー便は終了時間を考えると、遠距離の引越しには用いることは難しいプランになってしまいます。遠距離の引越しは、荷物の量だけでなく距離でも費用が高くなるため時間の融通が利くのならば、荷物の相乗せで費用が安くなる「混載便」、鉄道コンテナを使用し目的地まで運ぶ「コンテナ便」などを選択することもできますが、思ってリル以上に日数がかかったり自分の荷物以外も入っているため、荷物の紛失がないとは言い切れないデメリットもあります。それとは逆に、荷物を一日でも早く移動させたい場合には、トラックを貸切にして行う「チャーター便」があります。ただし、こちらは自分だけの荷物の扱いになるため料金は高くなってしまいますが、トラブルの回避ができたり引越し日時を指定できるメリットがあります。

このように単身引越しといっても、距離などにより様々な選択ができます。こちらでは、近距離の単身引越しを安く済ませるための工夫について紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket