未分類 Archive

お得に引越しを

フリー便は、時間が読めないからこそ単身で自由度が高い方にお勧めな引越しプランとなります。引越し業者を使用して安く引越しを行おうと考えた時、家族単位でも単身であってもお得に引越しするための前準備があります。時期を選ぶことができない学生や、突然の転勤では難しいこともありますが、そのような時期であってもやり方しだいによっては金額が変わってくることがあります。

費用まず、時期を選べる引越しであるのならば、引越し業者が忙しい時期である3~4月は特に避けたい時期になります。荷物が少ない同都道府県内で通常期引越した場合の相場が、3~40,000円であるのに対し繁忙期の引越しは1.5倍程度値上がりします。更に、人気が集中する休日や午前中の作業は値引き交渉や、こちらからの要求を通しづらいこともあるため注意が必要になります。

また、引越しの費用は距離と荷物の量によっても大きく変わるため、必要なもの以外はなるべく減らし引越し先で使用するものは、現地で購入・配送手配を行う事により引越しにかかわる費用を抑えることができます。さらに単身引越しの場合は、荷物の量が少ないゆえに使える安いプランもあるためにお得に引越しを行えるメリットがあります。そのような点に配慮し引越し業者を決めるときに、「安いと聞いたので」と、1社だけに絞ってしまうのは時期尚早です。相見積もりを取ることにより、その金額は1社のみで行うよりもお得に引越しをすることが可能になります。そこに、フリー便午後便といった引越し業者に時間を合わせることで、さらにお得になることもあります。

これらに留意することで、引っ越し代金は大きく節約できる可能性があります。新しい街へ新しい気持ちで引越しを行うのですから、金額・サービスなど納得できる引越しを検討してみてはいかがでしょうか。

 

フリー便とは

安く引越しを行うための手段の一つとして、作業開始時間を引越し業者の都合に合わせ、日にちのみを引越しをする方が決めるフリー便というプランがあります。なぜ、フリー便にすることで見積もりが安くなるのでしょうか。

フリー便引越しを行う時間により午前便・午後便に加え時間の指定をせず業者の時間に合わせるフリー便の3つのプランがあります。それぞれには長所短所があり、自分の予算と都合に合わせた引越しを行う事が理想的です。人気が高い午前便は、ほぼ確実に予約した時間に作業が開始されるため、時間的な制約などがあったり、荷物が多い方や荷物を早く片付けたい方にお勧めなプランですが、最も高い料金設定になっています。午後便は13時~14時に作業開始となるのが一般的ですが、午前便の作業終了時間により開始時間がずれてしまうこともあるため、午前便よりも料金設定は安く設定されています。

そのような中で最も安い料金設定になっているフリー便は、日にち以外は業者の都合の良い時間で作業が始まるため、時間はともかく安く済ませたい方にお勧めです。しかし、繁忙期の引越しなどには開始時間の連絡も当日となったりと時間が読めず1日予定を開ける必要があります。そのため夜の引越しになってしまうこともあり、周囲に事前の挨拶を行うなどの配慮が大切です。

このようなフリー便は時間が読めないからこそ自由度が高い、単身引越し者向けフリー時間プランといえるでしょう。時間に余裕があり、安く引越しをしたいと考えている方は是非検討してみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

引越し代を抑えるには

引越しには何かとお金がかかり、それ故に抑えることができるところには多少の手間をかけることになっても、安く済ませたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。単身引越しの場合、家族での移動と比べ荷物の量が人数分少なくなるだけでなく、使う電化製品も一人分ならば小さくなり全体的に小さな荷物で移動することができます。更に一人であるからこその時間の余裕があるために、活用できるプランがあります。

引越し引っ越し作業を行う時、なるべくなら朝早くから行い荷物を早く片付けてしまいたいのが人情です。しかし、引越しを業者で行う場合、大まかに「午前便」「午後便」「フリー便」の3つのプランが用意されています。近距離であれば午後便・フリー便の利用をすることにより、時間は前の便次第になってしまい、おおよその開始時間になってしまうこれらは、その分を安く見積もりを行っているため割安で行う事ができます。

しかし、午後便・フリー便は終了時間を考えると、遠距離の引越しには用いることは難しいプランになってしまいます。遠距離の引越しは、荷物の量だけでなく距離でも費用が高くなるため時間の融通が利くのならば、荷物の相乗せで費用が安くなる「混載便」、鉄道コンテナを使用し目的地まで運ぶ「コンテナ便」などを選択することもできますが、思ってリル以上に日数がかかったり自分の荷物以外も入っているため、荷物の紛失がないとは言い切れないデメリットもあります。それとは逆に、荷物を一日でも早く移動させたい場合には、トラックを貸切にして行う「チャーター便」があります。ただし、こちらは自分だけの荷物の扱いになるため料金は高くなってしまいますが、トラブルの回避ができたり引越し日時を指定できるメリットがあります。

このように単身引越しといっても、距離などにより様々な選択ができます。こちらでは、近距離の単身引越しを安く済ませるための工夫について紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket